風船通販・卸販売『かねますやゴム風船』/風船バレー、巨大バルーン、水ヨーヨーなど

会員ログインID パスワード ログイン
 

風船の種類について


バルーンアートやお祭り、お店のオープン記念などでよく見かける風船は、大きさや色も豊富にあります。大きい風船は、最近ではリハビリや運動会の道具としても使用されています。コンサートなどでも見かける大きい風船、業務用の風船の購入をお考えの方は、かねますやゴムにお任せください。 日本製の高品質な風船を実店舗と通販にて販売しております。


風船とは

風船は、ゴムや紙、ビニールを素材として作られているおもちゃです。空気を入れて、膨らませて使われます。家庭で膨らませる場合は、空気ポンプなどで膨らませるのが主で、宙に浮く風船にはなりません。イベントなどで見かける、宙に浮いた風船を膨らませるときには、空気よりも軽いヘリウムガスを主に用いています。

風船


どんな風船があるのか

●水ヨーヨー(水風船)
お祭りなどで良く見かける、ヨーヨー風船のことです。風船の中に、空気と水を入れることで水の上にも浮くため、お祭りではヨーヨー釣りとして子どもたちに楽しまれています。また、風船の色や模様もたくさんあり、とてもカラフルなかわいい風船です。水ヨーヨー(水風船)の仲間には、水玉風船というものもあり、ヨーヨー風船のように空気を入れず、水だけで膨らませて使用します。ぶつけて割るという水遊びをする風船で、夏になると雪合戦ならぬ水玉合戦が始まります。
●紙風船
駄菓子屋さんなどで見かけることができる、紙風船。名前からも分かるように、紙で作られています。カラフルなレインボーカラーが特徴で、手でポンポン打ち上げながら遊びます。強くポンポンすると、空気が抜けて紙風船の形が変わりますが、空気を入れると直ぐに元に戻ります。別名、紙手毬とも呼ばれています。
●ゴム風船
天然ゴムを原料に作られた風船を、ゴム風船と呼びます。ゴム風船にはサイズが豊富にありますが、私たちが良く目にするサイズは9インチ〜11インチです。ほとんどが海外で作られており、日本製のゴム風船は数が少ないながらも高品質で人気があります。風船は、膨らませすぎたり、強い衝撃を与えることで大きな音と共に破裂します。大きい風船を膨らませる場合には、ポンプを使用することで簡単に膨らませることができるので、おすすめです。

上記の風船以外にも、形の変わっているハート型風船や、リハビリ用にも使われている大きい風船、耳のついた風船なども作られています。そんな風船や風船を膨らませるための用具をお求めの方は、かねますやゴムをご活用ください。

東京都浅草橋にあります、かねますやゴムは、1950年から風船を販売している専門店です。 日本製の高品質な風船を、店頭でも販売しております。大量購入もできますので、お祭りやイベントなどで風船を使う予定のある方は、お気軽にお問い合わせください。