風船通販・卸販売『かねますやゴム風船』/風船バレー、巨大バルーン、水ヨーヨーなど

会員ログインID パスワード ログイン
 

ゴム風船の歴史


お店のキャンペーンやディスプレイなど、様々なシーンで風船は活用されます。子どもの頃は特別なもののように感じていた風船は、大人になってもあのときのわくわく感を蘇らせてくれます。そんな魅力的なゴム風船の歴史をご紹介します。

ゴム風船の誕生以前

昔から遊びやスポーツにはボールが使われることが多くありました。現在のようなゴム素材が誕生するまでは動物の腸や膀胱などをふくらませて使用していました。空気を入れて浮き袋にしたり、球技に使用したりしていたそうです。動物の内蔵や皮は丈夫で伸縮性もあり、遊びに使われるだけではなく水筒など日常生活にも使われていました。現在のようなゴム風船が生まれたのは天然ゴムが広まってからです。


日本の風船

日本ゴム風船

日本にゴム風船が入ってきたのは鎖国時代を終えて外国から多くの文化が入ってきた明治維新の頃だといわれています。それまでは紙風船などが一般的だった日本でも、すぐに子どもたちの心を掴み、広がりを見せました。お祭りに出店する屋台でもゴム風船は人気でした。ヘリウムガスを注入し紐をつけた風船の販売や、水ヨーヨー釣りは定番の屋台になっています。サイズや形も種類が豊富で、大きい風船は子どもたちの憧れでもありました。昔のゴム風船は天然ゴムをガソリンで柔らかくして形成していました。そのため現在の風船のように鮮やかな発色や弾力性は劣っていました。天然ゴムラテックスが使われるようになったのは昭和に入ってからです。


地球に優しい

セレモニーなどで風船飛ばしをよく見かけます。地球環境の悪化が世界的に問題になっている今、ゴム風船が土壌汚染や誤飲によって動物の死因にならないか、と懸念する声もあります。しかしゴム風船に使われているのは天然物質なので、地面に落ちても分解され、土に還ることができます。動物が飲み込んでもそのまま排出されることがわかっており、生態系にも影響をおよぼすことはありません。人間は多くの物質を作りだしてきましたが、プラスチックとは違い自然に還る天然ゴムは環境にも優しい物質であるといえます。


ゴム風船はアメリカから輸入されるのが主ですが、日本製のゴム風船がないわけではありません。日本製のゴム風船は品質が良いのが特徴です。かねますやゴムでは、品質の良い日本製のゴム風船を販売しております。大きい風船から変形風船まで様々な風船があります。是非かねますやゴムの通販をご利用ください。